国土が狭くても大丈夫!日本で太陽光発電が設置できる場所

住宅の屋根に設置が可能

日本は国土が狭いので、アメリカや中国のように広大な敷地に太陽光発電システムを並べるということができません。土地の代金だけでマイナスになってしまうので、日本ではこうした方法は現実的ではないのです。ただ、日本にも太陽光発電システムを設置しやすい場所があります。その一つが、住宅の屋根ではないでしょうか。日本の家屋は、屋根に何もないことが多いです。ここにソーラーパネルを設置すると、かなりの量の電気を生み出すことができます。

洋上なら大量にソーラーパネルを並べることも可能

日本は国土が狭いのが弱点ですが、海洋国家なので海の上に使えるスペースが大量にあるのが強みです。洋上にソーラーパネルを並べることができれば、土地不足の問題は解消されるはずです。ただ、洋上にソーラーパネルを並べるためには、いくつかの技術的な問題を解決しなければなりません。転覆してしまっては元も子もないので、慎重な運用が求められます。これが成功すれば、日本も一気にエネルギー大国の仲間入りができるかもしれませんね。

宇宙にソーラーパネルを浮かべる計画もある

国土が狭いなら、いっそ宇宙にソーラーパネルを並べてみてはどうかという議論もされています。日本は宇宙開発にも力を入れていて、すでに何人もの人が宇宙へ出ています。宇宙空間に、衛生と同じようにソーラーパネルを並べておけば、大気に邪魔されることなくより効率的に太陽光発電が実現しますよね。電気は電波に変換して遠隔地に送ることもできますから、そうした技術が発達すれば、土地不足はまったく気にならなくなることでしょう。

太陽光発電の価格は高価格から低価格のものまでありますが、家庭によってプランが違いますのでピッタリのものを選びましょう。