フォークリフトを安全に使って作業効率を上げる

フォークリフトの危険性

フォークリフトは作業現場で重宝されていてとても便利な道具です。本来人間の力だけではできない作業も可能にできるのでフォークリフトが欠かせないという現場も少なくありません。しかしフォークリフトが関わる事故は多く発生していて、死亡事故も少なくない危険な道具であるのも事実です。安全に使う事ができれば現場作業にとても便利な道具ですが、危険な凶器にもなる道具なので、使用する時は細心の注意を払う必要があります。

フォークリフトの事故を防ぐためには

フォークリフトを使用する場合は自動車と同じように免許を取得して基本的な仕組みや操作方法を学ぶ必要があります。当然免許を所持していない者がフォークリフトに乗る事は許されません。フォークリフトの事故で大きな怪我や死亡に至る怪我を負うのは運転者より近くにいる人の方が圧倒的に多いので、操作の技術も大切ですが、周りの安全確認をしっかりする事が大切な事です。これを常に心がけて運転する事で重大な事故を未然に防ぐ事ができます。

フォークリフトは点検と整備が大切

フォークリフトを安全に運転するには操作に関する知識や安全確認も大切な事ですが、フォークリフトの点検と整備も同じくらい大切な事です。一見何も問題ないように見えてもチェーン弱くなっていたりして重い荷物を持っている最中にいきなりチェーンが切れて事故に繋がるというケースもあります。その他の部分にも負荷がかかっていて整備が必要な場合があるので、実際に不具合が起きる前から専門の業者に定期的に点検をしてもらう事が大切です。

フォークリフトとは、重い荷物の搬入や倉庫内作業に使われている運搬機械のひとつでその操縦には免許が必要です。