倉庫作業は秘密を守ることを求められます!

倉庫の中には何があるのでしょう?

倉庫で仕事が発生するということは、企業から何かしらの指示があって、組み立てが行われたり、出荷のための箱詰めが行われたりするわけですよね。だから、秘密の懸案も多いんです。例えば、商品の発売日の前に、パネルやポスターの箱詰めが行われ、情報の解禁日前には各所に運ばれ、その前に組み立てや梱包が行われるわけですから、倉庫の中で作業する内容に対する機密の保持が働く人に求められるわけです。これは、どの業種の倉庫でも共通している事なのです。

秘密を守るためにどんなチェックがあるのでしょうか?

倉庫のセキュリティーの厳しさには差があるので一概には言えないところもありますが、幾つかのチェックがあるのは当然です。厳しい所では、まず入館のチェックがあり、次に倉庫の部署によっての確認があります。実際に作業をする倉庫の区域に入るには、セキュリティーカードがあり、それをタッチしないと扉が開かないシステムになっているところもあります。セキュリティーカードの発行はその場で行われますが、本人と一致するかの名前も記入させられます。

倉庫内に持ち込み禁止のものは何でしょうか?

各倉庫で持ち込んでもよい物には違いがありますが、ほとんどの所で不可なのはスマホなどの携帯電話です。携帯電話が不可とされるのは、そのカメラ機能にあり、カメラや動画で中の商品を撮影されることが最も困ることだからです。写真や動画で撮ったものは、リアルタイムで拡散される可能性があるため、倉庫側からすると仕事を受けた企業などのクライアントからの信用を失うこととなり死活問題となるからです。携帯電話の他にも、腕時計を禁止しているところもあります。腕時計型のスマホなどもありますから当然のことですね。

荷物を決められた日時に、指定の場所へ届けることが物流の基本です。その仕組みを担う会社も多数ありますが、運送業者によっては根本のその条件を守れない会社もあります。特に中小の企業に関しては、注意が必要です