仕事で生産性を高めるコツとは

仕事の基本は聞くこと

仕事はいかに生産性を高めるかが大切なポイントです。限られた時間でいかに多くの仕事を高い品質でこなせるかが、できる人とそうでない人との違いになります。まず基本としては、分からないことは聞くことです。もちろん、自分で考えて解決策を導き出すことは大事です。けれどもそれは時によりけりとなります。そして人に何かを聞くならば、心得ることがあります。まず同じことを何度も聞かないこと、きちんとその場でメモを取ることです。

生産性を高める仕事の取り組み方

生産性の高い人ほど、段取りの時点でほとんど出来の良し悪しは決まることを知っています。その段取りを面倒に思っていきなり仕事に取り掛かるから、手間取ったりミスをするわけです。まずは細かくするべきことを分解して、それぞれに対して無駄なく作業できるようにすることが必要です。また、求められる成果をきちんと理解することも大事です。限られた時間の中で、どこまで品質を求めれば良いのか、その見極めをつけることも必要です。

生産性を高めるスケジュールの立て方

仕事にスケジュールはつきものです。誰もが同じ時間を与えられ、その中でどう動くかを考えるわけです。生産性を高めるということは、その時間を上手く使うということです。空き時間ができれば何を行うのか、飛び込みの仕事が入ったときはどのようにその時間を確保するのかといったことです。不測の事態が生じたとしても、それを最優先に行えるように時間に余裕を持っておくことが必要ということです。生産性を高めるということは、このように時間の使い方を考えるということです。

ワークフローは導入によって仕事が効率的になり、仕事がスムーズに進むシステムです。書類、データなどを電子化して迅速に処理できます。